Happy Growth Magazine
9月 04

AIでホテルの料金設定を支援「株式会社空」 グロービス・キャピタル・パートナーズなどから資金調達〜5月の発表と合わせて約3億円のラウンドに

ホテルの料金設定サービス『MagicPrice』を提供する株式会社空(本社:東京都千代田区、代表取締役:松村 大貴、以下「空」)は、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:堀 義人、以下「グロービス・キャピタル・パートナーズ」)からの資金調達を行いました。本ラウンドの調達金額は、5月に発表したUB Venturesからの出資と合わせ、約3億円となりました。また、新たに渡邉 佑規氏が社外取締役に、堅田 航平氏が監査役に就任します。

空は、AIを活用したホテルの料金設定サービス『MagicPrice(マジックプライス)』を開発・提供しています。全国各地、様々なホテルに導入が進み、顧客数は直近の1年間で約5倍へと成長しています。

■今回の資金調達
空は、本ラウンドにて約3億円の資金調達を実施。5月に発表したUB Venturesに加え、グロービス・キャピタル・パートナーズが新規引受先として加わりました。

この度の出資は、グロービス・キャピタル・パートナーズ過去最大の400億円規模となる、6号ファンドより実施されました。グロービス・キャピタル・パートナーズ6号ファンドは、20年超に渡り積み重ねられたベンチャー企業投資に関する知見とネットワークを活用し、ユニコーン創出を目指しています。

合わせて、グロービス・キャピタル・パートナーズより渡邉 佑規氏が社外取締役へと就任します。

左:グロービス・キャピタル・パートナーズ 渡邉氏、右:空 松村

■グロービス・キャピタル・パートナーズ 渡邉氏よりコメント
ダイナミックプライシングの成功事例が世に広まり始め、企業にとっての利益インパクトが大きい「価格」に対する重要性が認知され始めています。一方、自社単独でダイナミックプライシングを実現するのは困難な企業が多く、プライシングを支援するビジネスが生まれることは必然で、『MagicPrice』には大きなオポチュニティがあると考えました。

現在の『MagicPrice』は、主として宿泊施設向けに展開をしていますが、様々な業種業態に適用可能で、ポテンシャルマーケットは大きいと考えています。

類似・競合サービスと比べて、ユーザー視点に立った手触り感のあるプロダクト・サービスになっている点、そしてそれを実現しているチームに対して、高く評価させて頂きました。弊社としては、今回の出資だけではなく継続的な資金的支援に加えて、経営面でのサポートに邁進して参ります。

■さらなる事業展開と採用強化へ
空は今回の調達資金を活かし、ホテル業界向けの『MagicPrice』事業の強化とともに、価格最適化支援サービスの他業界への展開、および人材強化に取り組みます。

新たな事業展開に伴い、事業を牽引するためのリーダー人材、エンジニアおよび機械学習エンジニアの採用に注力してまいります。

■株式会社空
https://www.sora.flights/
設立:2015年
代表取締役:松村 大貴
所在地:東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル11階  PORTAL POINT YURAKUCHO
事業内容:Price(価格)とTechnology(技術)を組み合わせたPriceTech(プライステック)企業として、データ分析を元にした価格最適化サービスを行う。2016年より、ホテルのレベニューマネジメントを支援する『MagicPrice』を提供している。

■プレスキット
掲載画像よりも高解像度の写真・画像をお求めの場合、こちらよりダウンロードしてご活用ください。
https://drive.google.com/drive/folders/1k0ZMOjMdJGtf8w-xJZXFYA5bu1TjjCy7?usp=sharing

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社空
宮崎、和泉
info@sora.flights